不倫慰謝料の相談でお悩みなら、24時間休日夜間緊急対応可能な相談所へご相談ください。

 不倫慰謝料相談
不倫慰謝料相談,緊急対応
 メール相談
メール相談
 不貞行為とは
不貞行為とは
 慰謝料とは
慰謝料とは
 慰謝料の算定
慰謝料の算定
 示談書・合意書
示談書・合意書
 内容証明
内容証明
 不倫Q&A
不倫Q&A
 離婚
離婚
 ご相談の流れ
ご相談の流れ
  相談所の特徴
不倫慰謝料相談,緊急対応
 相談所紹介
相談所紹介
 料金案内
料金案内
 リンク集
不倫,相談,慰謝料
 携帯サイト
メールによるお問合せフォームはこちらからどうぞ
 その他相談内容
遺言相続 相続・遺言書手続
 示談書作成
 内容証明作成
 訴訟支援
 会社設立
 契約書作成
>>連絡先
>>営業時間
年中無休
(9:00〜24:00)

>>連絡先
TEL(代表)
 03-3336-7993
FAX
 03-6905-9225
携帯
 090-6075-0616
>>MAIL
    こちらから>>
>>中野相談所
東京都中野区白鷺
2-20-19ー101

>>新宿相談所
東京都新宿区西新宿8-3-1
西新宿GFビル

>>赤羽相談所
東京都北区赤羽1-16-4
                                      ■サイトマップ
       不倫相談内容    >>戻る
念書、示談書 不倫をした配偶者から逆に慰謝料を請求された場合どうするか
Q&A
「妻の不倫が分かり離婚することとなりました。妻の不貞行為に 対して、離婚に基づく慰謝料を請求しましたが、妻から家庭のこ とを放り出して、家族のことを顧みなかったことが原因だと言わ れ、逆に慰謝料の請求をされました。その場合にも慰謝料を支払 わなければならないのでしょうか」
 
 不倫した妻に対して、慰謝料請求することができることは、問 題ありません(民法709条、710条)これに対して、家庭のことを 顧みなかった妻自身が慰謝料請求を夫にすることはできるかにつ いては、夫婦関係がどのように破綻していたかどうかにも関わって影響を受けることとなります。

 離婚に基づく慰謝料については、夫婦の間で離婚原因を作った有責性がどちらにどれだけあるかが影響します。当事者間の話し合いで解決できない場合には、家庭裁判所に調停を申立て、双方の有責性を判断し、慰謝料請求の有無や額を決めることとなります。

 夫が不倫をした妻から慰謝料請求をされないようにするためには、自己に離婚原因がないということを明らかにしておくことが必要でしょう。その方法については、文書にしておくなど様々な方策があります。

                      >>戻る
お問い合わせ・お見積は、お電話またはE-mailでお願いします
 
--------------------------------------------------------------------
不倫離婚法律相談所 >>トップへ戻る

TEL:03-3336-7993 FAX:03-6908-9225
--------------------------------------------------------------------  
 
E-mailは 随時受け付
営業時間 9:00〜24:00
送信フォーム
■E-Mail: 半角
■TEL 半角必ず記入して下さい
■〒 半角
■ご住所 全角
■お名前 全角必ず記入して下さい
■ご質問
※枠内にかけない場合は、メモ帳やテキストワードなどで作成後、その作成された文章をコピーして貼り付けてください。 
                 | ホーム | 念書 | 内容証明 | 示談書 | 契約書 | |相続 | 問い合わせ | 許認可申請 | 事務所案内 |
             | サイトマップ | リンク集 | 携帯サイト |
念書、内容証明