不倫慰謝料の相談でお悩みなら、24時間休日夜間緊急対応可能な相談所へご相談ください。

不倫慰謝料相談
不倫慰謝料相談,緊急対応
 メール相談
メール相談
 不貞行為とは
不貞行為とは
 慰謝料とは
慰謝料とは
 慰謝料の算定
慰謝料の算定
 示談書・合意書
示談書・合意書
 内容証明
内容証明
 不倫Q&A
不倫Q&A
 離婚
離婚
 ご相談の流れ
ご相談の流れ
  相談所の特徴
不倫慰謝料相談,緊急対応
 相談所紹介
相談所紹介
 料金案内
料金案内
 リンク集
不倫,相談,慰謝料
 携帯サイト
メールによるお問合せフォームはこちらからどうぞ
 その他相談内容
遺言相続 相続・遺言書手続
 示談書作成
 内容証明作成
 訴訟支援
 会社設立
 契約書作成
>>連絡先
>>営業時間
年中無休
(9:00〜24:00)

>>連絡先
TEL(代表)
 03-3336-7993
FAX
 03-6905-9225
携帯
 090-6075-0616
>>MAIL
    こちらから>>
>>中野相談所
東京都中野区白鷺
2-20-19ー101

>>新宿相談所
東京都新宿区西新宿8-3-1
西新宿GFビル

>>赤羽相談所
東京都北区赤羽1-16-4
                                      ■サイトマップ
       不倫相談内容    >>戻る
念書、示談書 不貞行為をした相手方に財産がない場合はどうするか?
Q&A
「浮気を長年続けていた相手方女性に慰謝料請求をしたいのですが、相手に財産がない場合どうしたらよいでしょう?」

法律上は、不貞行為をした相手方に対しては、慰謝料請求することができることとなります。

そこで、まずは相手方に対して、裁判外の交渉で慰謝料の支払を求めることとなるでしょう。

その場合には、相手方の財産が僅少である場合には、相手方の財産状況を見ながら、慰謝料の額や支払方法について、折り合いをつけなければならない状況となる場合が生じます。

例えば、慰謝料請求の相手方が、何らの財産もない場合に、数百万円の慰謝料の支払を認めさせたところで、支払が困難な場合が生ずることは否めません。

そこで、第三者に協力してもらい解決金等の支払をしてもらうか、そうでなければ、分割で支払わせることも交渉していかなければならないでしょう。

その中で、慰謝料の金額をいくらで合意するかについては頭を悩ませる問題となります。

相手方が全くお金がない場合には、いくら交渉しても、また裁判をして判決を得ても、慰謝料を取れないことが生じます。
そこで、その場合には、訴訟費用をかけてまで裁判までやって慰謝料を請求していくか、慰謝料額や支払方法をある程度のところで妥協して解決を図っていくかの選択を迫られることとなります。ただ、訴訟費用をかけて裁判をおこし、慰謝料請求を認める判決がでたとしても、財産がないために裁判をやるだけ損な状態が生ずることを考慮に入れて置かなければなりません。
 
                      >>戻る
お問い合わせ・お見積は、お電話またはmailでお願いします
 
--------------------------------------------------------------------
不倫離婚法律相談所 >>トップへ戻る

TEL:03-3336-7993 FAX:03-6908-9225
--------------------------------------------------------------------  
 
E-mailは 随時受け付
営業時間 9:00〜24:00
送信フォーム
■E-Mail: 半角
■TEL 半角必ず記入して下さい
■〒 半角
■ご住所 全角
■お名前 全角必ず記入して下さい
■ご相談
 
念書、内容証明