不倫慰謝料の相談でお悩みなら、24時間休日夜間緊急対応可能な相談所へご相談ください。

不倫慰謝料相談
不倫慰謝料相談,緊急対応
 メール相談
メール相談
 不貞行為とは
不貞行為とは
 慰謝料とは
慰謝料とは
 慰謝料の算定
慰謝料の算定
 示談書・合意書
示談書・合意書
 内容証明
内容証明
 不倫Q&A
不倫Q&A
 離婚
離婚
 ご相談の流れ
ご相談の流れ
  相談所の特徴
不倫慰謝料相談,緊急対応
 相談所紹介
相談所紹介
 料金案内
料金案内
 リンク集
不倫,相談,慰謝料
 携帯サイト
メールによるお問合せフォームはこちらからどうぞ
 その他相談内容
遺言相続 相続・遺言書手続
 示談書作成
 内容証明作成
 訴訟支援
 会社設立
 契約書作成
>>連絡先
>>営業時間
年中無休
(9:00〜24:00)

>>連絡先
TEL(代表)
 03-3336-7993
FAX
 03-6905-9225
携帯
 090-6075-0616
>>MAIL
    こちらから>>
>>中野相談所
東京都中野区白鷺
2-20-19ー101

>>新宿相談所
東京都新宿区西新宿8-3-1
西新宿GFビル

>>赤羽相談所
東京都北区赤羽1-16-4
                                      ■サイトマップ
       不倫相談内容    >>戻る
念書、示談書 相手方も結婚していて配偶者がいる場合に、不倫関係があったと き(W不倫)の慰謝料請求はどうなりますか?
Q&A
「妻が浮気をしたが、浮気相手の男性も結婚をしていて配偶者がいる場合に、浮気相手の男性との間で示談をしたいのですが、浮気相手の男性の奥さんから妻に対する不貞行為に基づく慰謝料の請求をされることもありますか。」?」

 妻が浮気をしたが浮気相手の男性も結婚していた場合には、示談で相手方男性との間で解決しても、なお、浮気相手の男性の奥さんから妻に対して、慰謝料請求をされることを防ぐことは法律上できません。

 その場合には、相互の夫婦間での話し合いができるのであれば、その話し合いの中で、慰謝料の額等の解決方法を文書にして合意していくことが必要でしょう。

 但し、この処理は、ケースバイケースで異なってきます。

 例えば、不倫をした男女の一方の夫婦間において、離婚に至った場合には、もはや、離婚に至った側から慰謝料請求をする場合には、相手方から自己の配偶者に対する慰謝料請求がなされることを考慮する必要がなくなりなるため、交渉状況も異なってくるでしょう。

 例えば、夫A妻Bと夫C妻Dとの間で、BとCが不倫関係を持ったが、Dがその事実を知り、Cの浮気の相手方Bに慰謝料請求するとともに、Cとの離婚をした場合には、CDが婚姻を継続する場合と違って、Cの浮気相手Bの夫Aから慰謝料の請求をCが受けることを考慮する必要がなるため、慰謝料額の交渉において交渉の方法が異なってきます。
 
 これに対して、まだCDが婚姻関係を続けていくのであれば、事実上同一の家計であるのが通常です。法律上では、ADが其々不倫の一方当事者に対して、慰謝料請求できるため、Aが慰謝料を請求する際には、BがDから慰謝料を請求されるということは、保護法益が別個のために、何ら考慮する必要がないはずです。
 
 しかし、前述したように、AB夫婦間においては、事実上家計が一緒であれば、慰謝料を受け取る側も支払う側も結局は同一家庭ということになります。その場合には、Dが慰謝料をBに請求するときには、不倫相手の配偶者であるAから慰謝料請求を困難にさせるような交渉をして慰謝料額を決めたり、示談の内容を工夫する必要もでてきます。なので、浮気の相手方配偶者に知られていない場合には、その交渉において最新の注意を払う必要が生ずる場合が出てきます。
 
                      >>戻る
お問い合わせ・お見積は、お電話またはE-mailでお願いします
 
--------------------------------------------------------------------
不倫離婚法律相談所 >>トップへ戻る

TEL:03-3336-7993 FAX:03-6908-9225
--------------------------------------------------------------------  
 
E-mailは 随時受け付
営業時間 9:00〜24:00
送信フォーム
■E-Mail: 半角
■TEL 半角必ず記入して下さい
■〒 半角
■ご住所 全角
■お名前 全角必ず記入して下さい
■ご質問
※枠内にかけない場合は、メモ帳やテキストワードなどで作成後、その作成された文章をコピーして貼り付けてください。 
念書、内容証明