不倫慰謝料の相談でお悩みなら、24時間休日夜間緊急対応可能な相談所へご相談ください。

不倫慰謝料相談
不倫慰謝料相談,緊急対応
 メール相談
メール相談
 不貞行為とは
不貞行為とは
 慰謝料とは
慰謝料とは
 慰謝料の算定
慰謝料の算定
 示談書・合意書
示談書・合意書
 内容証明
内容証明
 不倫Q&A
不倫Q&A
 離婚
離婚
 ご相談の流れ
ご相談の流れ
  相談所の特徴
不倫慰謝料相談,緊急対応
 相談所紹介
相談所紹介
 料金案内
料金案内
 リンク集
不倫,相談,慰謝料
 携帯サイト
メールによるお問合せフォームはこちらからどうぞ
 その他相談内容
遺言相続 相続・遺言書手続
 示談書作成
 内容証明作成
 訴訟支援
 会社設立
 契約書作成
>>連絡先
>>営業時間
年中無休
(9:00〜24:00)

>>連絡先
TEL(代表)
 03-3336-7993
FAX
 03-6905-9225
携帯
 090-6075-0616
>>MAIL
    こちらから>>
>>中野相談所
東京都中野区白鷺
2-20-19ー101

>>新宿相談所
東京都新宿区西新宿8-3-1
西新宿GFビル

>>赤羽相談所
東京都北区赤羽1-16-4
                                      ■サイトマップ
       不倫相談内容    >>戻る
念書、示談書 不倫相手が不倫関係を否定した場合にはどうしたらよいのでしょうか?
Q&A
「不倫相手に対して慰謝料を請求したところ、不倫相手が不倫関係の事実を否定されました。どうしたらよいでしょうか?」

まず、慰謝料請求をする場合には、その請求する者の権利を侵害していることが必要となります。例えば不倫という事実関係に対して、慰謝料請求をする場合には、その貞操権の侵害など、性的関係を持ったという事実関係が必要となります。

ただ単に、会っていただけでは性的関係を立証できないため、相手方から単に相談を受けて会っていたことをいうに過ぎない場合には、慰謝料請求をすることが困難となります。

特に裁判となった場合には、性的関係があった事実を立証する必要があります。

ただ、裁判では、実際に性的関係をもったという自供がない限り、間接証拠により事実を立証していくしかないこととなります。例えば、ホテルに一緒に入っているところを写真で取られたなどの証拠があった場合には、実際性的関係をもったことの直接証拠がなくても、ラブホテルに一緒に入っていったことからすれば、性的関係があったと推認されるということとなります。但し、裁判で上記性的関係があったと認められるためには、このような間接証拠の積み重ねで、裁判官の心証を得ていくこととなります。

裁判に至らない段階での交渉過程であれば、交渉の段階で相手方に事実関係を認めさせる交渉を行なうことが必要となります。その場合も成るべく、感情に訴えるのではなく、細かい客観的な事実関係の証拠を積み上げて相手方へ理詰めで畳み掛けることが必要となるでしょう。そのため、細かい事実関係の証拠を収集することです。
また、全く証拠がなく、かつ法律専門家も入っていない段階では、多少強引に事実関係を認めさせる方法もあります。
しかし、あらゆる手段を尽くしても、決定的な証拠がなく相手方が不倫関係を否定しつづける場合には、慰謝料をその相手方から取ることはできないのが一般です。
 
                      >>戻る
お問い合わせ・お見積は、お電話またはE-mailでお願いします
 
--------------------------------------------------------------------
不倫離婚法律相談所 >>トップへ戻る

TEL:03-3336-7993 FAX:03-6908-9225
--------------------------------------------------------------------  
 
E-mailは 随時受け付
営業時間 9:00〜24:00
送信フォーム
■E-Mail: 半角
■TEL 半角必ず記入して下さい
■〒 半角
■ご住所 全角
■お名前 全角必ず記入して下さい
■ご質問
※枠内にかけない場合は、メモ帳やテキストワードなどで作成後、その作成された文章をコピーして貼り付けてください。 
念書、内容証明